夜間のスクールに行けば理学療法士を習うことが可能

運動機能のプロを目指す

勉強道具

資格取得に必要な知識

生きていれば、思わぬ事故や病気にあい、自分で身体を動かせなくなってしまう事があります。もし、そのような症状になっても、理学療法士が回復のサポートを行い、自分で立ち、歩き、食事ができるよう機能を回復させてくれるのです。理学療法士は、運動機能を回復させるプロであり、人の役に立てるやりがいのある仕事です。活躍できる職場は、病院、介護施設、スポーツトレーナーなど幅広くあります。そのため、理学療法士になりたいと、希望する人も多いでしょう。理学療法士になるためには、国家資格を取得する必要があり、スクールで学ばなければいけないのです。資格を取得するために、必要な知識を事前に得ておけば、自分に合ったスクール選びができるでしょう。理学療法士は国家資格なので、国が定めた養成施設で学び、卒業する必要があります。学べるスクールは、大学、短大、専門学校がありますが、どの養成施設でも、3年以上学ぶ事が受験資格になります。仕事をしながら、理学療法士の資格を取得したい場合には、夜間過程のあるスクールを選ぶ事ができます。夜間部は、夕方18時以降から授業がスタートするため、仕事が終わってからでも、余裕を持って授業に参加する事ができます。1日2コマ授業があり、4年かけて学ぶのが一般的です。また、夜間部に通っている方に、リハビリ助手のアルバイトなどを、紹介しているスクールもあります。収入を得ながら、理学療法士としての経験を積む事ができるのです。夜間部の場合、学費が昼間部よりも安く設定されているので、学費を負担に感じず通う事ができるでしょう。