夜間のスクールに行けば理学療法士を習うことが可能

働きながら資格取得

社会人が転職する際には資格取得も視野に入れた方が良く、安定的な職の確保が可能な理学療法士は良い選択です。理学療法士は夜間開講の専門学校への進学も可能であり、働きながらでも学べる環境を手に入れられます。

働きながら無理なく学習

治療

3〜4年の通学で

理学療法士とは、立ったり座ったり、歩いたり階段を利用したりといった、日常での動作における訓練のサポーターです。現在では、老化などにより訓練を必要とする人が増えていることから、理学療法士の活躍の場も増えています。そのため理学療法士の資格取得のために、多くの人が専門学校や大学に通っています。特に専門学校は、3年で理学療法士の国家試験を受験できるようになるため、注目されています。大学の場合は4年間通学することになるので、より早く理学療法士として社会貢献をすることを希望している人は、専門学校を選択しています。中には夜間部のある専門学校もあり、ここでは働きながらの学習と資格取得とが可能となります。午後6時や7時頃から授業が始まるため、仕事が終わってから通学できるのです。夜間部でも、日中に受講する場合と同じように、修業年限は原則として3年となっています。しかし職場での残業などが多く、毎日通学することが困難という人のために、あえて4年制としている夜間部もあります。この場合、通学回数が週に3〜4回となるので、仕事を優先しながら無理なく学んでいくことができます。もちろん仕事が早く終わった時などには、夜間部の生徒でも昼間部の生徒と同じように、日中に来校して資料室などを利用できます。そして夜間部でも昼間部でも、必要な単位を全て取得すれば、国家試験を受験することになります。いずれも合格率は約80%と高めですし、中には100%に近い合格率を誇っている専門学校もあります。

時間の有効活用

理学療法士の専門学校には、昼間働きながら資格獲得を目指す夜間部コースがあります。夜間部コースは限られた授業時間を有効活用するために、様々な工夫をしています。週末などに勉強会や補講することで、基礎科目の復習をすることができます。

運動機能のプロを目指す

理学療法士は、病気や怪我で動けなくなった患者様の、運動機能を回復させる仕事をしています。スクールを選ぶ前に、理解しておきたいのが、国が定めた養成施設で3年以上学ぶ必要があるという事です。また、働きながら資格を取得したい場合には、夜間部を選ぶ事ができます。